第一航業株式会社

精密かつ膨大なデータで支える 緑のまちづくり

情報処理

1. 空間情報

高度情報化社会において、測量成果等の空間情報は、幅広い分野で利用される情報インフラとしてより重要な役割を担っています。 これら空間情報の収集・整備を行ない、エンドユーザーを考慮した利用環境での提供を考えております。

都市計画

都市の基盤を成す地形、道路、鉄道、河川、建物等の三次元情報の収集・整備をいたします。取得したデータは防災計画、景観形成、自然環境の保全等これからの都市の計画において幅広く利用されています。

施設情報

各種台帳図の補正・図面のデジタル化、各種帳票の集計を行い正確で高精度のデータを提供しています。
また、住宅地図・数値地図などと併用して使用することで、データの多目的化を図り利便性の向上に努めています。

2. システム開発

弊社は設立当初より、地図情報システム開発、アプリケーションソフト開発、技術計算等の開発を手がけてきました。その蓄積されたノウハウを生かし、時代のニーズに合わせた開発を行っております。

行政支援ソフト

図形データの項目毎表示、属性データの参照・編集機能の充実によりユーザー自ら確認、追加、修正も可能です。
また、ワープロや表計算ソフトとのスムーズな連携により、扱い易いシステムが特長です。

※GISソフトの紹介も併せてご覧下さい。

3. データベース

数値データに関しては、仕様に沿った高精度なデータに整備し、利用目的に合わせたデータベースを構築しています。
画像データに関しても、高精度で鮮明な画像データに整備します。また必要に合わせ画像の圧縮等を行い、ユーザー本位の扱い易いデータに加工して提供しております。